toggle
富良野で出張に特化した施術サービスを提供しています。日中に時間の取れないかたや外出が困難な方…等々。お気軽にご相談ください。
2016-12-17

【猫に鍼】ペットの健康管理

猫も風邪をひくようです^^;

先日、うちの虎が患者さんとして来院しました。

数日前から、口が臭く涎がダラダラと。加えていつも煩いぐらいに走り回ってるヤツが全然動かない。調べてみると、咽頭炎の症状がモロに出てたので、長野式の扁桃処置&瘀血処置が猫にも効くか試してみた酷い鍼灸師の藤本ですw
なお、横には「これで良くなったら病院代が浮く♪」と喜んでいる酷い飼い主の嫁様も一緒でした^^;

取穴は「大椎」っぽい所。「天牖」っぽい所。「照海」「手三里」と思われる近辺で。脈診はできるわけないので、腰背診と圧痛点で無理やり診断。鍼に理解のない人から見れば、動物虐待に見えたかもしれないですね^^;

猫に鍼を刺してみて

とりあえず、左右差があった表情も治療後に症状の軽減を確認。咽頭部のシコリの軽減は確認。ゴロゴロ鳴いてるのでリラックスはしてる模様。よく「鍼灸なんてプラセボでしょ?」と因縁をつけられる事がありますが、言葉が通じない動物相手に鍼治療が効いたらプラセボ効果だけじゃ無いって理解でおk?w

翌日の状況

一夜明けまして、「動き回るようになった」「よだれが止まった」「口臭が減った」の変化あり。声はまだかすれているものの鳴くようにもなったので回復の兆候と判断しました。

さすがに猫に鍼打ったの初めてだけど、思ったより効いてて俺が一番ビックリwww

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。