toggle
富良野で出張に特化した施術サービスを提供しています。日中に時間の取れないかたや外出が困難な方…等々。お気軽にご相談ください。
2017-01-04

【健康雑記】腸内環境に関する雑記

腸内環境って何?

腸の働きは主に「整腸作用」(栄養の吸収と老廃物の排泄)と「免疫作用」(病気の元となる細菌やウィルスの排出)です。この2つの作用が正常に機能していると、腸内は綺麗な状態。逆に何か不調があると腸内に不要な老廃物がたまったり病気の元となる細菌やウィルスの活動が活発になり万病に繋がります。

腸内には100種類を超える細菌が生息していると言われて居ます。ヨーグルトのCMなどでおなじみの「ビフィズス菌」などの「善玉菌」と呼ばれるものと「悪玉菌」と呼ばれるものです。実はこれはどっちが多すぎても腸内環境によくありません。大事なことは、何事もバランスです。(通常、腸内は酸性であると良いとされており酸性にするには善玉菌が優位でないといけません。しかし、腸内が強酸性状態になると酸性不排便が生成され、尿毒症と似た症状を起こす…という研究報告もある)

 

腸内環境が悪化するとどうなるの?

腸内環境が悪化すると「整腸作用」と「免疫作用」が落ちて、体内に不要な老廃物を排出できなくなります。毎日お通じがあるから大丈夫!と安心している人も、実は宿便が溜まっていて…なんて事も実際にあります。美容系のサイトではシミや肌荒れに関する記事を多く目にしますが、問題はそれだけではありません。体脂肪率が急上昇して肥満気味…という人も腸内環境の悪化に起因するケースも考えられます。肥満や免疫力が低下する事は生活習慣病や命に関わる問題に発展する危険性も含んでいます。

腸内環境を改善させる習慣って?

第一に気にする点は食習慣でしょう。善玉菌も増えすぎると問題がある…とは言いましたが、現代の日本人の食生活は悪玉菌が好む腸内環境を作る事に適していますので、過度な摂取をしないかぎりヨーグルトやヤクルトを飲む事は良いでしょう。食物繊維を多く含む食事と適度な水分。お腹を冷やさないように気をつける事と適度な運動も大事です。

つまり、規則正しい生活…ってやつを心がければ大抵の問題は解決しますw 肉や油が良くない…という話はよく聞きますが、それらを完全にオフにすると別の問題も発生しかねません。体調に不安な点を感じる事があったら、治す方法を探す前に、不調になってしまった原因を突き止めるようにすると問題解決は早く進みます。

 

それでもダメなら?

それらの方法でもお通じが芳しくない…という方には「腸内洗浄」という方法と「腸マッサージ」という方法があります。腸内洗浄は専用の器具を使って、腸内に水を送り込み無理やり出す方法。効果はかなりありますが、ご家庭で行うには結構大変です。トイレで半ケツ出して…(以下略^^;

手軽にケアできる方法としては後者の「腸マッサージ」これは腹部を刺激して動きが悪くなっている大腸を外部から刺激して動きを良くする方法。元々便秘の類は大腸の動きが悪くなっている事が原因になっているパターンが多いので、この場合はかなり効果的です。自分が腸マッサージを行う場合、一番最初に診るのが「天枢(左)」という経穴。この反応を見ながら腹部を刺激していきます。

併せて、胃や肝臓に関する部位を刺激する事で内臓の動きを活性化させ滞った流れを元に戻してあげる事で、代謝が改善し便通のみならず様々な体質改善も期待できます。体質と目的に合わせた食事と腹部のマッサージをこまめにする事で、身体の悩みが解決することも多いです。興味がある方は是非一度お試しください。

 

 

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。