toggle
富良野で出張に特化した施術サービスを提供しています。日中に時間の取れないかたや外出が困難な方…等々。お気軽にご相談ください。
2017-01-09

【地域活動】消防出初め式

話は前後しますが1月7日は消防の出初式のためお休みを頂いておりました。皆様のご協力、誠に感謝しております。

 

地域貢献という仕事

当方の活動指針の一つである「地域貢献活動」と「皆様の安心・安全」のため、鍼灸/整体と併せて日々、技術と知識の研磨をしていく所存であります。年頭挨拶にもありました「リスクマネジメント」と「クライシスマネジメント」という考えは、鍼灸/整体の基本的な考えに通じるものがあります。

願わくば、日々の予防で緊急出動要請がかかる事の無いよう、皆様の安全と健康を願うばかりです。

「被災地」という言葉は明日は我が身

今年は南富良野町が記録的な水害に襲われました。自分もボランティアとして数回伺いましたが「悲惨」という言葉では表現しきれない状況だったというのが本音です。堤防が決壊し市街地を襲った泥を人海戦術で掻き出す毎日。作業自体は協力して笑いながらやるように努めていましたが、本心ではとても笑えませんでした。この時は南富良野が被災しましたが、状況的には空知川流域全地区が危険地域でした。特に山部は決壊寸前。市街地の末広町や新富町もギリギリの所まで水位が上がっていましたので、他人事ではありません。中富良野町も南富良野ほど大きな被害は無かったとは言え、大雨で畑が水没したり床上浸水をした家もありました。気象環境の変化は、災害がテレビの向こうの話ではなくなったことを痛感させられました。

 

HAND IN HAND

10月には友人の竹内(NAVOというカフェの店主)が発起人になり、チャリティーイベントが行われ、自分も声をかけて頂き出店させて頂きました。自分の特技が復興の一助になるのは素直に感無量でした。この日も1回500円の低価格設定にもかかわらず、1万円の売り上げを寄付できたのは、来場されたお客様と協力してくれた友人知人のおかげだったと思います。

気持ちはあっても仕事で来れない方や冠婚葬祭で来れない友人もいて、負い目を感じている節もありました。でも、競争しているわけでもありませんし、自分はたまたま個人的な参加ルートがあっただけの話です。私生活を投げ打ってまでボランティアするってのも違いますのでそこは気にしなくても良いと思います。今でも、いろんな人が出来る事を出来る範囲で協力して頑張ってます。現地に行くだけがボランティアじゃありません。後方支援や笑顔で送り出してくれる家族も立派なボランティアです。現地で作業する人たちに対し、各地から後方でご尽力頂いた企業、団体、有志の皆様に改めて御礼申し上げます。

 

災害の無い一年に

現実問題として、天災を避けることは不可能でしょう。しかし、記録的な天災にも関わらず死傷者ゼロという結果を出したのは、南富良野の消防団の力が大きかったそうです。災害は工夫次第で最小限に抑える事ができます。本業は本業として努めつつ、防災面でも皆様に貢献できるよう今年一年、頑張らせて頂きます。

シェアする
関連記事