toggle
富良野で出張に特化した施術サービスを提供しています。日中に時間の取れないかたや外出が困難な方…等々。お気軽にご相談ください。
2017-01-25

【健康増進法暴論】嫌煙に対する反論

タバコの良し悪しは置いておいて(どう考えても良い訳ないんだしw) この「健康増進法」を盾に「世の中全面的に禁煙にすべき!」という流れに嫌悪感を覚えます。なんかさ〜、喫煙者が反論できない事をいいことに、正論を振り回して少数派をいじめているようにしか見えないんだよね〜…。言いたいことはわかるけど、理論崩壊してる事に気づいていないのが恐い。って事で、反論してみましょうかw

 

タバコは健康被害の元凶です!

同じ理屈で反論すれば、酒による健康被害の方が圧倒的に大きいです。タバコは肺がんや咽頭がんのリスクを高めますが、同様に酒は肝臓ガンのリスクを高めます。加えて、高血圧を始めとする生活習慣病の原因にもなります。また、砂糖や塩も同様に取り扱いを間違えれば健康被害に繋がります。依存性の面から見てもタバコの健康被害は大きいですが、アルコール依存と比べてもこれは大差ないでしょう。これらの事実を踏まえて、タバコだけを健康被害の元凶として吊るしあげている人を見ると、嫌悪感を覚えます。

 

タバコは迷惑です!

確かに副流煙は不愉快極まりないですが、これも同じ理屈で反論すると、酔っ払いに絡まれる迷惑も不愉快極まりないです。タバコは副流煙で済みますが、酔っ払いは不特定の人に殴りかかってきたり(被害経験有り)殺人に繋がるケースも後を絶ちません。そこまでいかなくても、壊れたレコードのように同じ話をエンドレスで繰り返されたり、気が大きくなったおっさんが反論できない若者に因縁をつけて自身のストレス解消をする行為は、相手の貴重な人生の時間を無駄遣いする事であり、さながら殺人と同じ行為です。ポイ捨てで街が汚れる…という主張もありますが、空きカンやフリーペーパーの類のポイ捨ても同様の理屈で規制対象にする事は可能でしょうか?酔っ払いのゲロ掃除ほど理不尽極まりない仕事もないでしょう。タバコのポイ捨て云々を主張している人は、立ちションベンもした事がない成人君主なのでしょうか?

 

タバコは経済的に損失です!

喫煙者は日本国民の約20%という数字から、飲食店を全面禁煙にして(喫煙者という顧客層を切り捨てて)も、残り約80%の人の内、タバコの煙を嫌って飲食店を利用しなかった層の購買動機を活性化させれば経営利益は上がる!と主張している人がいます。確かに全体最適化でみればそうかもしれませんが、2014年のマクドナルドの経営悪化に全席禁煙の実施が要因にあった…というデータもあります。すでに喫煙者層に支持されている店にとって理不尽な全面喫煙の実施強要は、経営に影響を与えかねないどころか死活問題に繋がるでしょう。飲食店組合が必死になるのも一理ある事もわかります。

私自身も、就業時間中に一服しているやつを見るとぶん殴りたくなる時もありましたw タバコが原因の健康被害で業務に支障がでれば損失でしょう。星野リゾートのように「喫煙者の採用はしません!」という企業姿勢も個人的には好きです。しかし、二日酔いで遅刻をするだの、酒気帯びのため運転業務が出来ない…などに比べれば一服にかかる時間の無駄など微々たるものでしょう。加えてたばこ税は年間2兆円を超える税収をもたらし、国民の生活を支えています。一般会計に計上されるので、公立学校の運営や生活保護費にも当てられているでしょう(詳細は非公開のため“一般会計”から推測)また、たばこ特別税は旧国鉄の負債の返却に充てられています。たばこが全面禁止になった場合、この2兆円の負担をどこにもっていけば良いのでしょうか?砂糖や塩に転嫁して対応するのが良いでしょうか?医療費が2兆円以上浮くからトータルで収入が増える計算でしょうか?反対派の皆様、ご意見お願いします。

 

 

んな事言っても嫌いなんです!

嗜好品だからそれで良いと思います。むしろ、偉そうな御託を並べないではっきりそう言って下さいw

しかし、同じような理屈で“一部の少数派の意見”をないがしろにして、法律で禁止されたものも多くあります。最近では生レバー問題や深夜のクラブ営業禁止(これは許可制になりましたが)などがあります。自分には関係ない…と思っていても、もしかしたら近い将来に同じ理屈で酒や音楽が禁止対象になるかもしれません。動物愛護法を理由に肉食が禁止になる可能性だって全否定はできません。思想良心・信仰の自由なども規制されていたのはわずか100年程度前の話です。「嫌いだから…」でごちゃごちゃと理屈を並べて法律で禁止するという事は、アメリカの禁酒法そのものでしょう。それで基本的人権が保障されるなら別に構いはしませんが。

 

補足

なお、この法案では「飲食店は全面禁煙義務化」ではありません。「喫煙室設置可」と明記されています。ちゃんと分煙すれば今まで通り、タバコを吸いながら食事やお酒を楽しむことはできます。以前に「全席喫煙可」の店で、「飲食店は全面禁煙が常識だろうが〜!!!」と暴れて喫煙者に殴りかかっていた酔っ払いがいましたが…どっちが迷惑行為をしているのでしょうか?一部で「飲食店での喫煙は法律違反になる」という誤った認識で騒いでる人がいましたので念のため。

確かに、喫煙者の中にはルールもマナーもわかってない不届き者がいるのは間違いありませんし、そういう人は罰せられて当然です。しかし、喫煙という行為はアイヌやインディオなどの伝統民族では宗教儀式にも用いる事があります。何より「ストレス解消」という一点ではこれほど効果的なものはないでしょう。喫煙者と非喫煙者の相互理解が深まり、ルールとマナーを守って嗜好品を楽しめる世の中になる事を切に願います。

シェアする
関連記事