toggle
富良野で出張に特化した施術サービスを提供しています。日中に時間の取れないかたや外出が困難な方…等々。お気軽にご相談ください。
2017-01-26

【症例報告】肩こりと二の腕

たまには施術的な話もしないと、本当に何屋だかわからなくなってしまいますのでw 今回は定評のある「肩こり・首のコリ」の症状が出ている方にもれなく行なっている「二の腕のケア」のお話にて。

 

二の腕の筋肉

一般的に「二の腕」と呼ばれている場所には「上腕三頭筋」という筋肉があります。これが意外と肩の不調に関係深い存在。この筋肉はデスクワークや車の運転などで疲労がたまりやすく、長時間の作業が続くと筋肉が緊張してしまい筋肉が硬くなります。上腕三頭筋が硬くなると腕を支える力が低下してしまい、腕の重さが肩甲骨に直接影響を及ぼします。この結果、腕の付け根や肩〜首にかけて疲労が溜るようになり肩こりの原因になります。

 

腕の筋肉

使っていないようで毎日酷使されている腕の筋肉。腕橈骨筋、長橈側手根伸筋、短橈側手根伸筋などがあります。(解剖学は苦手だったので以下略w) 上腕三頭筋にコリがある人はほとんどの人がこのエリアも硬くなっています。特に肘周りは顕著です。それもそのはず、これらの筋肉は上腕三頭筋と筋連結しているため、相互に影響をしあっています。腕に疲れがたまると肩や背中が辛くなるのはこのためです。

んじゃどうしましょう?

辛い肩こりの場所にアン×ルツを塗るだけで無く、二の腕(上腕三頭筋)を中心に腕にある筋肉を全体的にゆるめていけば、腕は軽くなり肩こりも楽になってきます。マッサージを受けに行って「やってもらった時はいいんだけどね〜」という人は、不調の原因を取り切っていないのだから当然の話です。ちなみに、上腕三頭筋を緩めると連動して肩甲骨周りの筋肉も緩んでくるので、効率的に施術を行う事ができます。 (時間内で全身をケアしようと思うとテクニック的なものも必要になってきますので^^;)

 

セルフケアは?

個人的にはストレッチに併せて「背面腕立て伏せ」がオススメです。真面目にやると結構キツイですw また背中のトレーニングにもなるので褐色脂肪細胞を刺激してくれて(後日詳しく書きます)太りにくい体質になる事も期待できます。詳しい方法は、毎度おなじみのyoutube大学の講義をご覧くださいw

経穴の端書

筋肉の酷使は陽経に症状が出る事が多い事を踏まえて…

天宗の反応を診ながら養老に雀啄。天牖の反応を診ながら四瀆(もしくは上四瀆)補足的に手三里も追加。肩部の可動域をアップを狙う時には天井も併用。…えとせとら。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。