toggle
富良野で出張に特化した施術サービスを提供しています。日中に時間の取れないかたや外出が困難な方…等々。お気軽にご相談ください。
2017-10-04

【多事暴論】牛乳は本当に身体に悪いのか!?

牛乳飲んで大きくなりました。チーズもヨーグルトも大好き、今日も元気な藤本です!押忍!

巷に溢れる牛乳健康被害元凶論

ちょっとググってみただけで出てくる出てくる「牛乳を飲むのは危険!」という情報サイト。

一々列挙するのも面倒なので「身体に悪いから飲むのは辞めましょう」って内容…とだけ紹介しときます。

賛否はともかく、そういう意見がある事は間違いない事実です。

 

んじゃ、反論と健康被害マーケティングについて解説していきましょうか(笑)

 

健康被害マーケティングのカラクリ

↑って、健康食品なんかでよく使われている手法。

「比較広告」という言葉を使うとわかりやすいですかね?

「商品Aと比べて商品Bの特徴は…」って文言です。流れとしては…。

——————————————————————

1)既存商品Aは、近年になって○○という問題がある事が最新の研究でわかりました。

2)既存商品Aを使い続けると、健康に悪影響を及ぼす危険性があります。

3)既存商品Aは冷静に考えると、とても不自然な成分を使っていると思いませんか?

→そこで、全ての問題を解決した商品Bの登場です!(じゃじゃーん!)

——————————————————————

…どっかで見た事ありませんか?(苦笑)

 

レビューやブログも結構怪しい

ちょっと脱線しますが「ライティング」というパソコン1台でできる仕事がある事をご存知でしょうか?

ネットで情報を集めて、調べてまとめて記事にする…というお仕事です。

 

実際、藤本も健康系の記事の作成を依頼されて書いている事がありますが、99%商品を指定されて、それに沿った内容で記事を書くように指示されています。

自分の場合、意に反する内容は断るので収入にはなかなかなりませんが…(苦笑)

 

こだわりなく仕事として請け負ってる人からしたら、気にもならないでしょう。

指示通りに文章を書いて、対価として報酬を頂く。サラリーマンと何も変わりません。

 

自分も不動産紹介とか名前も知らない会社の求人PR文とかは、何も気にせず書いてます^^;

 

また「レビュアー」「ブロガー」と呼ばれる人達の主な収入源は広告収入。

売り込みたい商品の悪口は書けるわけありませんが、どーでもいい商品の悪口ならいくらでもかけます。

むしろ、比較広告になりますので、悪口を書けば書くほど自分の売り込みたい商品のPRになります。

つまり、上記の既存商品Aの実体なんてどうでもいいんです。

 

売りたいのは商品Bなんです。

 

インパクトのある記事の書き方

一番インパクトのある手法が「常識を覆す」というもの。

長年信じて疑わなかた常識が「実は嘘でした」となると、思わず「何で!?」と見てしまうのが人間の反射。

合わせ技で有効なのが「陰謀説」を織り交ぜる手法。

大企業とか政治家とかGHQとか秘密結社とか…。都市伝説が大好きな自分はワクワクして見てしまいます。

そこに史実を乗せられたりすると、疑う隙もなく話術に乗せられてしまいます。ハローバイバイの話術に乗せられた人は何人いるでしょう?(あれはエンターテイメントですが)

そこに決め技として「身の危険」を重ねると防衛本能を刺激して、思考を停止させます。

こうなったら、既存商品Aは時すでに遅し。もう商品Bのペースです。先手で刷り込まれたイメージを覆すのはなかなか難しいです。(対抗策をとってなければ尚更)

↑このような記事を書けば商品Bは目立つし、記事を書いた人も注目されます。

特に学術系の医療従事者は目立ってナンボ(反論あるならどうぞ)

仕事が欲しい人ほどインパクトのある話題に乗っかり、都合の悪い意見はガン無視で持論を展開します。

 

出所不明の医学データ

論文に触れた事がある方ならわかると思いますが、学術的な記載には必ず「出典」があります。

誰がどうやって研究して出してまとめたか?という詳細なデータです。

東洋医学の場合は実験を行う事が稀なので、古典の記載を引用して論文を作ったりします。

 

が…

 

ブログ記事に出典まで書く人いないよね

 

そもそも、何書いたって良いのがブログ。虚構新聞みたいな嘘100%だってアリなんです。

既存商品Aを使ってイマイチだった…って書いても、それは個人の意見として尊重されるべき内容。

しかし、それは個人の意見であってデータではありません。

…という事を頭に入れて「牛乳は身体に悪い!」と言っている人の記事を読んでみると

—————————————–

・「ある医者や栄養士が言っています」

・「ある最新の研究で証明されました」

・「リスクが高くなるようです」

…など、

どこの誰が言った事か全然わかんねぇ!その上○○「らしい」と伝聞でしかねぇ!

—————————————–

早い話

 

「牛乳は身体に悪い」という結論ありきの文章構成

 

…の一言で終わるんですよね。

もしくは「牛乳は悪い!」って書きながらカフェオレ飲んで、小遣い稼ぎしてる人とかね。

典型のサイトがコレ。(悲しいかな、こんなブログが検索1ページ目に出てくる事実)

「乳糖不耐症は日本人の80%」と主張しているブログ

(…他も色々あったけど、めんどくさくなったから辞めた…。)

とは言え、アレルギー持ちの人がいるのも事実

と言っても、実際に体調に合わない人も結構います。

牛乳反対派が主張する「日本人は牛乳のタンパク質を分解する酵素を持っていない」という根拠です。

 

が、データ的には

——————————————————

・乳糖不耐症:最高頻度のフィンランドで6万人に1人(出典:小児慢性特定疾病情報センター)

・乳糖30g(約600mlの牛乳)を飲んだ時の、牛乳に起因する下痢の発生率は0%

(出典:長崎県立大学看護栄養学部名誉教授 奥恒行氏の研究より →リンク

・牛乳の歴史:平安時代には「蘇」という乳製品が登場。古くから日本に伝来していたことがわかる

(出典:文献の画像が見つからなかったので、悔しいけどwikiで…)

——————————————————

…ん〜?本当に日本人が牛乳を飲むようになったのは戦後から?

あと、日本人の80%が乳糖不耐症だというデータがあったら提出プリーズ。

 

 

本気で「牛乳飲んだら死んじゃう!」って言ってる人は無理して飲む必要はないでしょう。

もし、周りが納得してくれないなら乳糖不耐症検査を受けて証明書をもらう事をオススメします。

 

…これって「日本酒やワインを飲むと悪酔いする」って話と同じ次元なんですよね。

もし、上記の暴論が許されるなら…

「藤本はワインを飲むと悪酔いします。嫁もワインを飲むと調子をおかしくします。

だからワインは人体に悪い影響しかなく、ポリフェノール云々もメーカーが捏造したデタラメですから飲んではいけません」

という理屈をごり押ししても問題ないかと。

 

富良野市に怒られそう(爆笑)

 

んじゃ、現代の牛乳に問題はないのか?

これが、問題がないわけじゃないから面倒な話。牛乳擁護派としては辛いところ。

効率化、コスト削減、飼料の値上がり。外国産乳製品の圧力。

それ以前に酪農家が減少しても安定供給のために搾乳量を減らせないシステム。

 

でも、一番の問題は価格転嫁できない日本市場の仕組み

 

そりゃ、安い飼料と人手不足で管理が行き届かない牧場で育った牛と、有機飼料をたらふく食って自然の中で好きに動き回った乳牛とで品質に違いがあって当然でしょう。

(だからと言って、全酪農家の乳牛のエサが安い外国産の飼料でホルモン剤マシマシ…って話ではないので念のため)

当然、後者の方が良い乳出します。でも…。

 

そんなもの作ったら値段は現状の市場価格の倍じゃ効きません。

 

もしスーパーに並べてあっても誰が買いますか?買ってくれないもの誰が好んで作りますか?

「今と昔とじゃ牛乳の質が違うんだよ!」と言ってたキチガ医の内海医師もたまにはいい事言いますね。

 

 

解決策は無いのか?

はい、おまたせしました。上記の問題を全て解決した牛乳。商品Cのご紹介に入ります(長かった〜)

今回ご紹介する商品Cの最大の特徴は…!

 

 

って事をやると、ただの茶番になるので割愛します(笑)

 

安い商品には安い理由があり、本当に良い商品が欲しいなら相応の対価を出すか消費者側も相応の勉強をする必要がある…って答えですかね。

 

個人的な感想

宗教上の理由や菜食主義などの理由で「どうしても食べれない」という人に無理に食べさせる必要はありません。

体質に合わない子供に「身体に良いんだから飲みなさい!」と給食で強要するのは虐待だと思ってます。

ただ、アレルギーも無く本当に必要な人が「裏付けのないネット記事を鵜呑みにしてシェアする」「他人に押し付ける」という無責任な事だけは慎むべきでしょう。

特に、医療系の仕事をさせて貰ってる立場としては、イメージだけの健康食品を無責任に売ってる連中と一緒にされないように気をつけなければなりません。

 

有機食材もジャンクフードも「食べ物」です。毒にもならない成分は栄養にもなりません。

 

「食べ過ぎ」や「”自分”に合わない食材は無理して食べない」という事に留意して、美味しく楽しい食卓を囲みたい…と常々考えております。

 

 

 

あと、

 

 

 

ほぼ毎日乳製品飲み食いしてますが、

長生きしたらごめんチャイ♪

 

シェアする
関連記事