toggle
富良野で出張に特化した施術サービスを提供しています。日中に時間の取れないかたや外出が困難な方…等々。お気軽にご相談ください。
2018-07-11

【症例報告】いびきがうるさくて寝ている間に嫁様に殺されそうになったゴーストライターの話

はい、今回は自分の実体験です(笑)

 

嫁様が「夜中にいびきがうるさいよ!」と心配をしてくれていた一方、口や鼻を閉じて遊んでもいたようで…^^;
…それ、無呼吸症候群じゃなくてただの窒息死…(滝汗)

今ではセルフケアのおかげで、気になる程のひどいいびきは解消。
その時の施術の組み立て方の報告でございます。

そもそも「いびき」とは?そのメカニズムについて

原因は「上気道」という空気の通り道が狭くなり、呼吸をした時に粘膜が振動して音が生じます。
この振動音が、「いびき」です。

では、何故上気道が狭くなるのか?
これに深く関係しているのが「上気道周辺の筋力の低下」

特に舌筋が弱くなると「舌根(舌の最も奥の部分)」が後方に沈み込み、気道を圧迫します。
気道が完全に塞がれると一瞬「いびきが止まった?」と思いますが、いびきどころか呼吸も止まっている危険な状態。
これを「睡眠時無呼吸症候群」と言い、最悪の場合、そのままお亡くなりになる方もいます…。

舌筋が弱くなったり、上手く機能しなくなる原因として考えられるのが…

1)咀嚼の回数/強度の低下→柔らかいものを噛まないで食べてちゃダメですよ的な話。
2)姿勢の悪化による頚椎のズレ→筋肉に余計な負荷をかけたり神経の通りを悪くする。
3)頚部および舌筋周辺の筋肉の疲労→疲れが溜まった筋肉は上手く動きません。

ちなみに、今回の患者さん(=俺)の場合、完全に(3)でした。
ちょうど、いびきのピークが内職のライター業の納期のピークと重なり長時間パソコン作業をしていたので…^^;
目の疲れも酷かったですね。頭痛までは起きていませんでしたが、熱っぽい自覚はありました。

パソコンのやりすぎには注意しましょう(笑)

鍼灸のカルテ風に

【主訴】

・いびき

【既往歴】

・5年間、病院の受診歴がない健康体。
・結婚後、幸せ太りで体重増加。やや肥満気味で運動も不足気味。
・いびきの自覚症状はないが、熱っぽさと朝起きた時の喉の渇きは自覚あり。

【主な所見】

・扁桃反応 +1
・瘀血反応 +2
・火穴診 行間+3 然谷+0 崑崙+2
・その他 心窩部 +1 頭部瘀血+3 足内側を中心に虚の反応

【治療・取穴】

・胃の気を整えてから、扁桃処置、瘀血処置を簡易的に行う。
・後頭部を中心に反応点に瀉法。
・目の症状と火穴診から、肝経に滞りがあると判断。陰谷に補法。
・肩背部も過緊張していたので、養老に円皮鍼。手首の操体法を行い緊張を取る。

【経過】

・1回目の施術後、いびきは改善。但し、寝起きの口腔内の渇きは相変わらず。
・2回目の施術後、いびきはほぼ消失。口腔内の渇きも軽減。
・3回目の施術時にはライター業の仕事もひと段落。早朝作業の必要もなくなり、体調回復。

【生活指導】

・手洗い・うがいの徹底。鼻うがいもガンガンいこうぜ。
・舌筋を刺激するために舌回し運動や顔面下部のマッサージを推奨。
・パソコン作業をする時の姿勢に再度注意する事と部屋を明るくしておく事に注意(パソコンチェア買いましたw)

【考察】

・眼精疲労による頚部〜顔面部の筋肉疲労が原因。パソコン作業が長引く場合ケアも忘れずに。
・ノートパソコンも便利だけど、これからはデスクトップの大きい画面でも作業するように。
・せっかく富良野にいるんだから、景色の良いところに行って神経休ませるのも大事(願望)

わかりやすく3行でプリーズ

お小遣い欲しさに空き時間にパソコン作業を詰め込みすぎて首から上の筋肉が疲労困憊に。

自分は大丈夫…と不養生をしていたら嫁様に心配されるし寝ても疲れが取れないし…と悪循環に。

首〜後頭部を中心に鍼&柔軟体操をしたらセルフケアでどうにかなりました♪

 

 

 

 

 

…今回は自戒を込めた内容にて…。




 

シェアする
関連記事