toggle
富良野で出張に特化した施術サービスを提供しています。日中に時間の取れないかたや外出が困難な方…等々。お気軽にご相談ください。
2018-09-07

【震災発生後の状況】通常通り営業しています 9/7現在

今回の「平成30年北海道胆振(いぶり)東部地震」で甚大な被害が出た皆様にお見舞い申し上げます。

富良野では壊滅的な被害は無く、長時間の停電で生活に影響が出た程度でした。
自分の住む島ノ下地区は地震発生後、約20時間で電力が復旧。
水源にも恵まれているため断水もなく、比較的…というか、ほとんど影響はありませんでした。

日用品・食料品に関しても備蓄があったため買い出しに出る必要もなく。
趣味の製麺やアウトドアが結果的に役にたったなぁ…と感じています。
(南富良野の水害の反省もあったのと、日頃から買い込んでいる粉物のおかげで1週間ぐらいはいけそうですW)

余談ですが、facebookを見てても山関係者は日常の光景と何も変わらなかったのはちょっと笑っちゃいました。
発電機を持っている人もいれば、ここぞとばかりに山食の整理をしたり。みんな強いですわ。

また、近所でも「乾麺ならストックあるよ」「冷凍庫のアイスが溶けちゃうから一緒に食べよう!」など
田舎だから…と言われればそれまでですが、ご近所付き合いも心強かったですね。

藤本の営業も電力供給に大きな影響はないので通常通り営業。
市内の他治療院が休みのため、振替でご利用頂いた方もいました。
出張専門営業の強みが活かせたな…とありがたい気持ちでいっぱいです。

…とは言え、まだまだ余震や本震への警戒も必要で油断はできません。
電力が復旧していない地域も依然としてある上、富良野への物資の供給も十分ではありません。
「今、誰かのために出来る事」を頭の片隅にでもおきながら、自分のやれる範囲で地域に貢献していきたいと思います。

友人で「NAVO」というリバーガイド&ヴィーガンカフェの店主である竹内氏は、明日から厚真町に炊き出しに行くそうです。
自分は先約があるため同行はできませんが、ささやかでも応援と道中の安全をお祈りしています。

追記
北海道も震災の影響がありますが、関西方面も台風の被害が残り復旧に時間がかかりそうです。
テレビばかり見ていると情報が上書きされてしまいうっかり忘れがちですが、関西や西日本への支援もまだまだ必要です。

ライフライン復旧に尽力いただいている関係者の皆様、目の届かない危険地域で作業をしてくれている自衛隊の皆様。
改めてお礼を申し上げるとともに、ご自身の安全も確保していただけますようお願いいたします。

 

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。