【臨床考察】血流促進に関する考察

改めて血流について

血流に障害があると健康上、良くない…と言うことはここで改めるまでもないと思います。

血流障害の原因は、血液成分の異常、血管運動神経の異常、結合組織の硬化や筋力低下、瘀血…等々。
これらの異常が過度になると各臓器に十分な血液が行き届かず病気の原因になったり、むくみや冷え、関節可動域の悪化といった症状が出てきます。

素問の調経論では「血気不和なれば百病を生ず」とあり、血流の循環の不和があらゆる病の原因と説いています。
現代医学においても血液の循環は各臓器だけでなく、骨肉、皮毛などの人体を構成するあらゆるものに栄養を与え機能を維持しているとしています。(当たり前な話で申し訳)

血流障害に起因する代表的な症状

・肩こり、腰痛、関節痛、慢性的な倦怠感
・冷え性、便秘
・血管に関する諸症状(生理痛、動脈硬化、静脈瘤、血管性認知症等)
・あんまり言いたくないけど…悪性腫瘍も…。

血流障害を診る反応

望診:目の下のクマ、皮膚の色(赤黒い)爪のツヤ

腹診:冷え、弛緩、肌の乾燥

脈診:細・沈・虚

処置(取穴)

・三陰交
・労宮
・陰陵泉
・(百会)←これは状況判断で。

→労宮への刺鍼が難しい時は(結構痛いし^^;)郄門への変更もあり。
郄門は手の厥陰心包経の郄穴=特効穴で、心筋梗塞等の心臓系疾患に多用される経穴。
個人的には教科書的な郄門より、沢田流郄門の方が臨床効果が良い印象がある。

臨床事例(効果を保証するものではありませんが…)

・病後回復期の倦怠感
・冷えを伴う関節痛
・生理痛
・眼精疲労+偏頭痛
・集中力低下、無気力

個人的な見解

心臓病などの重篤な患者の対応をした事がないので(それはもはや大学病院に入院レベル)心臓血流の改善に関しては正確なコメントはできません。
ただ、軽度の血流障害(特に倦怠感や頭重感)に関しては、改善例は多いです。

手っ取り早いところでは温泉に行けば血流は良くなる…印象がありますが、実際には身体の深部で毛細血管に障害が起きていたり、部分的にしか暖まれていなかったり。
深部が温まる前に熱が上ってしまい、のぼせ症状がおきる…など、実際には外部からの熱刺激だけでは改善が難しいケースもあります。
民間療法では「吸い玉/カッピング」などを使えば、ピンポイントで問題になっている箇所の血流改善もできるのかな?と思っており、これも実験リストにいれています。

と、血流が改善されるなら、ハゲ(薄毛や脱毛防止)にも効果があるんじゃないかな?と。
中医学では、髪は血液の延長と考えられていて(髪為血之餘)血液に余裕がなければ、髪は生えないと説明しています。
男女問わず一定の年齢を過ぎると、風呂場とか寝起きの枕とか…。
自分も最近、気になる回数が増えてきました(苦笑)

光沢があり元気な髪が生えるお手伝い。アリかもしれません。

 

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました