中医論文や古典鍼灸を基に特殊症状に

インターネットを活用した情報収拾と直接仕入

インターネットがさらに便利になったおかげで、中国医大の論文や日本で流通していない中医師の著書(原文)も精度の高い翻訳が可能になりました。
また輸入代行サービスを使うことで「中国鍼」などの通常より太い鍼や特殊形状の鍼や専門書籍も直接購入が可能に。
これにより高額セミナーへの参加や中間手数料なども削減でき、施術料の値上げを抑えることが出来ています。

中国と日本では法律が異なるため、論文に記載されているように「○○な症状が治る!」と明記はできません。
しかし、今まで対応が難しく諦めていた方への一助になる可能性はあるため、研究データと照らし合わせて相談に応じたいと考えています。
また室町時代に考案された「打鍼法」を中医学や現代医学の視点から再検証した腹部施術も行い様々な症状に対応できるよう研究を進めています。

「難病が完治するわけでは無いけど、痛みの緩和や進行を遅らせることができる」というイメージでお願いします…と、念のため。

一般的な治療法では対応が難しい症状でお悩みの方へ

鍼灸の発祥とされる中国では医療分野との共同研究が進んでおり、様々な難病に対する施術方法が研究/論文発表がされています。 ただ、日本で一般的に行われている鍼灸治療とは異なり過度に刺激が強いものや薬品を併用するもの、法律的な問題もあり完全にコピーすることは現実的ではありません。 しかし、それらを参考に特定の症状に対する施術を考える事は可能であり、当院でも既に改善例があります(病名は法律の都合上伏せさせていただきます)中国鍼を用いた施術は、通常使用している鍼に比べて2倍の太さだったり、逆に細い鍼を50〜100本刺すなど。 一般的に行われている施術とは異なる内容になっています。 そのため、2〜3日とは言え刺し傷や内出血の痕が残る事もあり、刺激自体も強くなる傾向です。 体調の変化を実感する方も多いですが、施術後は回復する時間も通常の鍼灸施術より長め(4〜5日が理想)に取ることをおすすめしています。 

逆に「刺さない鍼」を用いて、主に腹部から症状にアプローチをし体調を改善する手法もあります。 特に腸を刺激するため便通が良くなったり、横隔膜を刺激するため呼吸が改善するなどの効果が期待できます。 加えて「脳腸相関」の理論で考えると腹部の緊張が改善されることで脳のパフォーマンスも上がることも見込めます。

まだまだ始めたばかりで手探り状態なところもありますが、一度ご相談頂ければ可能な限り対応をさせていただきます。
また、診断名がありましたそれを基に論文を翻訳し、個別の対応方法を提案させて頂きます。 その際は、かかりつけ医師との併用をおすすめ致します。

日本で未流通の海外書籍の使用

中国の伝統的な手法や一部の特定流派にのみ受け継がれていたレアな特殊療法などの情報も入手できるようになり、対応できる症状も増えてきました。 また、鍼灸以外の分野(現代医学や理学療法の視点)からも検証を行えるようにし、安全性/再現性の高い施術を行えるよう務めてまいります。 …とはいえ、正直、藤本自身は中国語も英語も読み書きはできません。しかし、今は翻訳ソフトの精度も上がっているため原文の翻訳や書籍の注文が可能になり、情報を集める精度が格段に上がっています。

多方面から検証した「腹部打鍼」

基礎となっているのは藤本蓮風先生著の「弁釈鍼道秘訣集―打鍼術の基礎と臨床」(夢分流打鍼術)ですが、これに加えて「内臓マニュピレーション」(アメリカ) 「気内蔵療法-チネイザン-」(タイ国) 「按腹療法」(日本/江戸時代) などの多方面から腹部について考察。 また『キイコスタイル』(鍼灸療法)でも腹部を重要な診断/治療点としています。 それらを総合的に考え試行錯誤を繰り返している段階ですが、便通の改善や各関節の柔軟性向上には一定の手応えを感じています。

PAGE TOP
error: Content is protected !!